6. Waveの追加


今までは確認用に直接シーンに配置していましたが、実際のゲームでは途中から出現することがほとんどです。

最後に、Waveに組み込んでEnemy3を出現させてみます。

前回までのチュートリアル

Enemy3をプレハブに適用

ここまでの編集をプレハブに適用します。

Enemy3を選択しInspectorのApplyボタンを押してください。

GIF

Waveプレハブの複製

Assets/ShootingGame/Prefabs/Waveプレハブを複製し、名前をWave2に変更します。

GIF

Wave2をシーンに配置

編集のため、Wave2プレハブをシーンに配置します。

GIF

Enemy3の発生

Wave2からEnemy3を発生するように変更します。

Wave2のArborFSMをArbor Editorで開いてください。

Waveを設定します。

Spawners / Size 1
Spawners / Element 0 / Prefab Enemy3プレハブ
Spawners / Element 0 / Transform Pos3オブジェクト
(中央にあるのがこのオブジェクト)

Wave2をプレハブに適用

Wave2オブジェクトのInspectorのApplyボタンを押して適用します。

GIF

Enemy3オブジェクトとWave2オブジェクトを削除

編集の必要がなくなったため、Enemy3とWave2オブジェクトを削除します。

GIF

Wave1終了後にWave2開始

ヒエラルキーからEmitterオブジェクトを選択してください。

もし、プレイ確認のためにEmitterを無効にしていた場合は有効にします。

ArborFSMをArbor Editorで開きます。

Wave1ステートを複製しWave2にリネームします。

GIF

Wave2のInstantiateGameObjectを変更します。

Prefab Wave2プレハブ

もとからあるWave2ステートをEnd Waveにリネームします。

Wave1ステートからWave2ステートへ、Wave2ステートからEnd Waveステートへ遷移するように設定します。

これでWaveに組み込めました。

動作確認

最後に「プレイボタン」を押して動作確認してみましょう。

もとから組み込んでいたWaveが終了すると、今回作成したWave2が始まるのが確認できます。

次のステップ

以上で「2DSTGの敵を作ろう」は完了です。

「2DSTGの敵を作ろう」完了をツイート

次のチュートリアルは「AIエージェントの作り方」です。

3Dのキャラクターの動きやアニメーションをArborで制御する方法について解説します。

AIエージェントの作り方

Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads