2. 敵の作成


作成済みのEnemy1をベースにEnemy3を作成します。

前回までのチュートリアル

Enemy3の準備

Enemy1プレハブを複製

ShootingGame/Prefabs/Enemy1を複製します。

GIF

複製すると名前が自動的にEnemy3になりますが、もし違う場合はEnemy3にしておいてください。

Enemy3をシーンに配置

作業を行いやすくするため、Enemy3プレハブをシーンに配置します。

先ほど複製したShootingGame/Prefabs/Enemy3をHierarchyにドラッグ&ドロップしてください。

GIF

Transform変更

他の敵と区別するため、スケールを大きくしておきます。

Enemy3のTransformを以下のように変更してください。

Scale 2, 2, 1

HP変更

つぎに、HPも100にして破壊しにくくしておきます。

Enemy3のParameterContainerを以下のように変更してください。

HP 100

ここまでで、基本的な設定は完了しました。

Enemy3の動きを変更

Enemy3を2秒後に移動停止するように変更していきます。

Arbor Editorで開く

Enemy3に追加してあるArborFSMをArbor Editorウィンドウで開きます。

InspectorのOpen Editorボタンを押して開いてください。

Startステートの説明

Startステートでは、SetVelocityRigidbody2Dにより、Enemy3自身のRigidbody2Dのvelocityを変更しています。

SetVelocityRigidbody2Dについての詳細は、Arborリファレンス「SetVelocityRigidbody2D」を参照してください。

Arborリファレンス「SetVelocityRigidbody2D」

また、1秒後にショット開始するためにTimeTransitionで遷移を行っています。

TimeTransitionの変更

ここでは、2秒後に移動停止させたいため、Secondsを2に変更します。

Seconds 2

Stopステートの作成

「Stop」という名前でステートを作成してください。

GIF

SetVelocityRigidbody2Dの追加

Startと同様にSetVelocityRigidbody2Dを使用してvelocityを0にすることで移動を停止させます。

Stopステートの挙動追加から、「Physics2D/SetVelocityRigidbody2D」を追加してください。

GIF

デフォルトで停止するように設定されているので、特に設定変更する必要はありません。

GoToTransitionの追加

停止後にショット開始したいため、GoToTransitionを追加して遷移させるようにします。

Stopステートの挙動追加から、「Transition/GoToTransition」を追加してください。

GIF

遷移の付け直し

各ステートの設定が済んだため、遷移を付け直します。

  • StartステートのTimeTransitionからStopステートに接続
  • StopステートのGoToTransitionからShotステートに接続


このようになっていればOKです。

動作確認

プレイボタン」を押して動作確認してみましょう。

GIF

Enemy3が上方から2秒間移動ののち停止、敵弾を発射する様子が確認できます。

次のステップ

3. 敵弾発射について

Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads