Arbor 3.6.0 リリース


アセットストア

更新内容

追加

Arbor Editor

  • ツールバーの「表示」メニューに「データスロット > ノード内に表示」を追加。
  • ParameterをParameterReferenceへドラッグ&ドロップ追加。
  • ParameterをFlexibleFieldへドラッグ&ドロップ追加。
  • GameObjectをFlexibleGameObjectへドラッグ&ドロップ追加。
  • ComponentをFlexibleComponentなどへドラッグ&ドロップ追加。
  • FlexibleGameObjectやFlexibleComponentなどのシーン内オブジェクトの参照タイプにHierarchyを追加。
    • Self : 自グラフを所有しているGameObjectを参照
    • RootGraph : グラフの階層化をしている場合に、ルートグラフを所有しているGameObjectを参照。

組み込みStateBehaviour

  • TransformMoveOnWaypoint追加。
  • RigidbodyMoveOnWaypoint追加。
  • Rigidbody2DMoveOnWaypoint追加。
  • InvokeMethodにOnStateUpdateとOnStateLateUpdateによるメソッド呼び出しを追加。
  • InvokeMethodで呼び出したいイベントのみ設定するように、イベントの追加ボタンと削除ボタンを追加。
  • Agent関連スクリプトに移動先座標の更新タイプを追加。
    • Time : 時間指定で更新
    • Done : 完了したら更新
    • StartOnly : 開始時のみ更新
    • Always : 常に更新
  • Agent関連スクリプトのTime更新の際に使用する時間タイプを設定できるように追加。

組み込みActionBehaviour

  • AnimatorCrossFade追加。
  • AgentPatrolに移動先変更インターバルを設定する項目追加。

スクリプト

  • OutputSlotComponent<T>クラス追加。

変更

Arbor Editor

  • パラメータやシーンオブジェクトのドラッグ中にグラフ内を自動スクロールするように変更。

組み込みStateBehaviour

  • Agent関連スクリプトのInterval指定方法をFlexibleFloatに変更。

スクリプト

  • FlexibleGameObjectやFlexibleComponentなどのシーン内オブジェクトを参照するクラスをFlexibleSceneObjectBaseから派生するように変更。
    • 参照タイプの型がFlexibleTypeからFlexibleSceneObjectTypeに変更。
  • DataFlow関連スクリプトをDataFlowフォルダに移動。
  • DataSlot関連クラスのソースファイル整理。

修正

Arbor Editor

  • [Unity2018.3以降]グラフビューがクリッピングされずスクロールバーに表示が被ってしまうのを修正。
  • [Unity2019.2beta]グラフビュー内にマウスイベントが反応しない箇所があったのを暫定修正。

組み込みStateBehaviour

  • TweenBlendShapeWeightにMeshが設定されていないSkinnedMeshRendererを指定した場合に例外が発生するのを修正。

その他

  • Arbor.BuiltInBehaviours.asmdefの誤植を修正。

更新手順

Arborをアップデートする際は以下の手順に従ってください。

  1. 更新前に必ずプロジェクトのバックアップを取ってください。
  2. 既存のシーンを開いている場合は、メニューの「File / New Scene」からシーンを新規作成しておきます。
  3. Arbor Editorウィンドウを開いている場合は一旦閉じておきます。
  4. 既にインポートされているArborフォルダを削除。
  5. Arborの新バージョンをインポート。

アップデートガイド

Arbor 3.5.x以前から3.6.0以降へアップデートする際に、コンパイルエラーが発生する場合があります。

以下の項を確認の上、修正してください。

FlexibleGameObject、FlexibleComponentの参照タイプの型変更

FlexibleType型を使用していたところを、FlexibleSceneObjectTypeへ変更しました。

以下のようなコードを自作スクリプトで書いているかを確認し、修正してください。

//flexible.type == FlexibleType.Constant          // エラー
flexible.type == FlexibleSceneObjectType.Constant // このように修正

Arbor.BuiltInBehaviours.asmdefのアセンブリ名修正

アセンブリ名に誤植があったのを修正しました。

Arbor.BuiltInBehavioursのasmdefを参照する自作asmdefを定義している場合は、名前をArbor.BuiltInBehavioursに修正してください。
Unity 2019.1以降でUse GUIDsを有効にしている場合は名前での参照ではないため、この修正の必要はありません。

また、この修正に伴って更新直後に1度だけ以前のasmdefが見つからないエラーが表示されることがありますが動作に問題はありません。

Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads