Arbor 3.5.1 リリース


更新内容

追加

スクリプト

  • Parameterクラスに各値へのアクセスメソッドを追加。
    • SetInt, GetInt, TryGetInt
    • SetLong, GetLong, TryGetLong
    • SetFloat, GetFloat, TryGetFloat
    • SetBool, GetBool, TryGetBool
    • SetString, GetString, TryGetString
    • SetEnumInt, GetEnumInt, TryGetEnumInt
    • SetEnum, GetEnum, TryGetEnum
    • SetEnum<TEnum>, GetEnum<TEnum>, TryGetEnum<TEnum>
    • SetVector2, GetVector2, TryGetVector2
    • SetVector3, GetVector3, TryGetVector3
    • SetQuaternion, GetQuaternion, TryGetQuaternion
    • SetRect, GetRect, TryGetRect
    • SetBounds, GetBounds, TryGetBounds
    • SetColor, GetColor, TryGetColor
    • SetGameObject, GetGameObject, TryGetGameObject
    • SetTransform, GetTransform, TryGetTransform
    • SetRectTransform, GetRectTransform, TryGetRectTransform
    • SetRigidbody, GetRigidbody, TryGetRigidbody
    • SetRigidbody2D, GetRigidbody2D, TryGetRigidbody2D
    • SetComponent, GetComponent, TryGetComponent
    • SetComponent<TComponent>, GetComponent<TComponent>, TryGetComponent<TComponent>
    • SetVariable, GetVariable, TryGetVariable
    • SetVariable<TVariable>, GetVariable<TVariable>, TryGetVariable<TVariable>
  • Parameterクラスに各値へのアクセスプロパティを追加。
    • enumIntValue
    • componentValue
    • transformValue
    • rectTransformValue
    • rigidbodyValue
    • rigidbody2DValue
  • Parameterクラスの間違ったタイプのプロパティにアクセスした場合にParameterTypeMismatchExceptionをスローするように追加。
  • ParameterクラスにVariableを格納しているオブジェクトへの参照プロパティvariableObjectを追加。
  • ParameterContainerInternalクラスにパラメータの値へのアクセスメソッドを追加。
    • SetComponent, GetComponent, TryGetComponent
    • SetComponent<TComponent>, GetComponent<TComponent>, TryGetComponent<TComponent>
    • SetVariable, GetVariable, TryGetVariable
    • SetVariable<TVariable>, GetVariable<TVariable>, TryGetVariable<TVariable>
  • AnyParameterReferenceに各種パラメータの値へのアクセスプロパティを追加
    • intValue
    • longValue
    • floatValue
    • boolValue
    • enumIntValue
    • enumValue
    • vector2Value
    • vector3Value
    • rectValue
    • boundsValue
    • colorValue
    • gameObjectValue
    • componentValue
    • transformValue
    • rectTransformValue
    • rigidbodyValue
    • rigidbody2DValue
    • variableValue
  • AnyParameterReferenceにパラメータの値への汎用的にアクセスするvalueプロパティを追加
  • BoolParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • BoundsParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • ColorParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • ComponentParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • FloatParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • GameObjectParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • IntParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • LongParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • QuaternionParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • RectParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • RectTransformParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • RigidbodyParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • Rigidbody2DParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • StringParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • TransformParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • Vector2ParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。
  • Vector3ParameterReferenceにパラメータの値へアクセスするvalueプロパティ追加。

改善

Arbor Editor

  • 挙動のタイトルバーのドラッグ開始をマウスボタン押下位置から6ピクセル以上移動した時に行うように改善。

非推奨

スクリプト

  • Parameter.GetVariable<T>(ref T)を非推奨に変更。

修正

Arbor Editor

  • ノードに追加されている挙動のスクリプトを削除すると例外が発生していたのを修正。

アセットストア

更新手順

Arborをアップデートする際は以下の手順に従ってください。

  1. 更新前に必ずプロジェクトのバックアップを取ってください。
  2. 既存のシーンを開いている場合は、メニューの「File / New Scene」からシーンを新規作成しておきます。
  3. Arbor Editorウィンドウを開いている場合は一旦閉じておきます。
  4. 既にインポートされているArborフォルダを削除。
  5. Arborの新バージョンをインポート。

Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads