Arbor 3.8.0 リリース


アセットストア

更新内容

追加

Arbor Editor

  • サイドパネルにミニマップ追加。

ArborFSM

  • TransitionTimingに以下のタイプを追加。
    • NextUpdateOverwrite
    • NextUpdateDontOverwrite(初期値をこれに変更)

ParameterContainer

  • パラメータに以下のタイプを追加。
    • Vector4
    • Vector2Int
    • Vector3Int
    • RectInt
    • BoundsInt
    • Vector4List
    • Vector2IntList
    • Vector3IntList
    • RectIntList
    • BoundsIntList

データフロー

  • 演算ノードに再演算モードの設定を追加。

組み込み演算ノード

  • 以下の型の各メンバーを使用する演算ノードを追加
    • int
    • long
    • float
    • bool
    • string
    • Vector2
    • Vector3
    • Vector4
    • Quaternion
    • Rect
    • Bounds
    • Color
    • Vector2Int
    • Vector3Int
    • RectInt
    • BoundsInt

スクリプト

  • StateBehaviourにOnStateFixedUpdateメソッド追加。
  • TreeNodeBehaviourにOnFixedUpdateメソッド追加。

Welcomeウィンドウ

  • ドキュメントのzipダウンロードボタン追加。

変更

Arbor Editor

  • サイドパネルのグラフタブをグラフツリーに変更。
  • サイドパネルのノードリストをタブに分離。
  • グラフの作成ボタンから表示するメニューを選択ウィンドウに変更。
  • 未接続のStateリルートノードとデータリルートノードを見分けられるように変更。

ArborFSM

  • StateLinkを右クリックで設定ウィンドウを表示するように変更。

組み込みスクリプト

  • Update()、LateUpdate()、FixedUpdate()を使用している箇所をArbor用コールバックメソッドに置き換え。
  • AgentController
    • PatrolメソッドをMoveToRandomPositionにリネーム。
    • IsDivAgentSpeedパラメータをSpeedType列挙型のパラメータに変更。
    • SpeedDivValueパラメータ追加。
    • isDivAgentSpeedプロパティを廃止し、speedTypeプロパティに変更。

組み込みStateBehaviour

  • SubStateMachineReference, SubBehaviourTreeReferenceでシーン内の他グラフをサブグラフ扱いできるUseDirectlyInSceneフラグ追加。
  • AgentPatrolをAgentMoveToRandomPositionにリネーム。

組み込みActionBehaviour

  • SubStateMachineReference, SubBehaviourTreeReferenceでシーン内の他グラフをサブグラフ扱いできるUseDirectlyInSceneフラグ追加。
  • AgentPatrolをAgentMoveToRnadomPositionにリネーム。

スクリプト

  • AnimatorParameterReferenceのanimatorフィールドをFlexibleComponentで指定するように変更。

Examples

  • エージェント用モデル追加。

Unity対応

  • Unity最低動作バージョンをUnity 2018.4.0f1に引き上げ。

改善

データフロー

  • データフローに値型を出力する場合のボックス化を削減。

組み込み演算ノード

  • List系演算ノードのボックス化を削減。

スクリプト

  • 内部で使用しているforeachを削減
  • 内部で使用しているラムダ式を削減
  • GetComponent, GetComponents, GetComponentsInChildrenなどによるGC Allocを削減
  • 内部で行っている文字列判定にStringComparison.Ordinalを指定するように改善。

修正

Arbor Editor

  • コンパイル中に挙動追加すると例外が発生する不具合を修正。
  • 種類の異なるグラフのノードをコピーペーストすると例外が発生する不具合を修正。
  • Arbor Editorに選択している状態でグラフコンポーネントをRemove Componentし、それをUndoしてもグラフの選択状態が戻らない不具合を修正。
  • ノード作成時に名前を指定すると、Undoしたときに名前だけ戻ってしまう不具合を修正。

ArborFSM

  • 2つのFSMを同時に実行開始する場合、実行開始直後にSendTriggerしてもTriggerTransitionが反応しないのを修正。

廃止

スクリプト

  • DataSlotFieldクラスをObsoleteに変更。

ドキュメント

  • ドキュメントzipの同梱を廃止。

アップデートガイド

更新手順

Arborをアップデートする際は以下の手順に従ってください。

  1. 更新前に必ずプロジェクトのバックアップを取ってください。
  2. 既存のシーンを開いている場合は、メニューの「File / New Scene」からシーンを新規作成しておきます。
  3. Arbor Editorウィンドウを開いている場合は一旦閉じておきます。
  4. 既にインポートされているArborフォルダを削除。
  5. Arborの新バージョンをインポート。

各バージョン更新ガイド

Arborの各バージョン別の更新ガイドは以下ページを参照してください。

マニュアル:アップデートガイド

Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads