Arbor 2.2.0 リリース


Arbor 2.2.0 をリリースしました。

新機能まとめ

Arbor Editorのデザイン変更

Arbor Editorのデザインをダークスタイルに変更しました。

グループノード追加

複数のノードをグループにまとめられる機能を追加しました。

GIF

各種ノードごとのコメント追加

ノードに対してコメントを記入できる機能を追加しました。

GIF

CalculatorにおけるComponentの受け渡し強化

StateやCalculatorでのComponentの受け渡しを行いやすくする機能を追加しました。

  • クラスを指定してGetComponentを行うCalculatorを追加
    GIF
  • 特定のクラスのみ受け付けられるFlexibleComponentクラスとSlotType属性を追加
    GIF

更新内容

  • Arbor Editor
    • Add : グループノード追加。
    • Add : 各種ノードごとのコメント追加。
    • Add : ノードの切り取りに対応。
    • Add : ノードのコンテキストメニューにノードの切り取り、コピー、複製、削除の項目追加。
    • Add : StateLinkボタンにTransition Timingアイコン表示。
    • Add : ArborFSMインスペクタのCopy Componentで内部コンポーネント含めてコピーできるように対応。
    • Change : Editorのデザイン変更。
    • Change : ステートの名前入力欄をダブルクリックで表示するように変更。
    • Change : ステートリストを種類順(開始ステート -> 通常ステート -> 常駐ステート)にソートするように変更。
    • Change : StateLinkSettingWindowのImmediate TransitionをTransition Timingに変更。
    • Change : OutputSlotComponentに型指定を追加。
    • Change : FlexibleStringのConstant時の表示をTextAreaに変更。
    • Change : ドラッグでのスクロール中は一定時間間隔でスクロールされるように対応。
    • Change : ドラッグでのスクロール中の最大移動量を調整。
    • Fix : ノードをドラッグ中にスクロールするとノードの位置がずれるのを修正
    • Fix : CalculatorBranchの線が長い場合に頂点数エラーが出るのを修正
    • Fix : StateLinkSettingWindowを画面端で表示すると縦に余白が表示されるのを修正。
    • Fix : StateLinkを同じステートに接続し直した時にラインが非表示になってしまうのを修正。
    • Fix : 実行中にArborFSMオブジェクトのPrefabにApplyした際にStateBehaviourがインスペクタに表示されてしまうのを修正。
    • Fix : 実行中にArborFSMオブジェクトのPrefabにApplyした際に現在ステートのStateBehaviourが有効状態のままPrefabに保存されてしまうのを修正。
    • Fix : CalculatorSlotを配列で持っているBehaviourでSizeを変更した際の接続を修正。
    • Fix : ノードを削除した時に他のノードが一瞬表示されなくなるのを修正。
    • Other : CalculatorBranchのドット線の表示を最適化。
  • 組み込み挙動
    • Add : AgentStop追加。
    • Add : AgentMoveOnWaypoint追加。
    • Add : AnimatorCrossFade追加。
    • Add : AnimatorSetLayerWeight追加。
    • Add : BackToStartState追加。
    • Add : ActivateBehaviour追加。
    • Add : ActivateRenderer追加。
    • Add : ActivateCollider追加。
    • Add : UISetSlider、UISetText、UISetToggleにChangeTimingUpdateパラメータ追加。
    • Change : LookAtGameObjectにTarget transformの各座標成分を使用するかどうかのフラグ追加。
    • Change : Agent系にステートを抜けるときにAgentを止めるかどうかのフラグ追加。
    • Change : ドキュメントのUITextFromParameterのformatに形式指定の参考URL追加。
    • Change : Componentを参照している組み込み挙動をFlexibleComponentに対応。
    • Change : UISetSliderとUISetToggleのFlexibleComponent対応により、UISetSliderFromParameterとUISetToggleFromParameterをLagacyに移動。
    • Fix : GlobalParameterContainerを介してParameter変更時に処理している挙動で、シーン遷移後に例外が発生してしまうのを修正(UISetTextFromParameter、SetToggleFromParameter、UISetSliderFromParameter、ParameterTransition)。
    • Fix : UISetImageのリファレンスがなかったのを修正。
  • 組み込みCalculator
    • Add : GameObjectGetComponentCalculator追加。
    • Fix : GlobalParameterContainerを介してParameter変更時に処理しているCalculatorで、シーン遷移後に例外が発生してしまうのを修正。
  • コンポーネント
    • Add : AgentControllerにAnimator設定用の各種パラメータ追加。
    • Add : Waypointコンポーネント追加。
    • Add : ParameterContainerで使用できるパラメータにComponent追加。
    • Change : AgentControllerのAnimator指定をパラメータごとではなく統一するように変更。
  • Script
    • Add : Animatorの型ごとのパラメータ参照用クラス追加。
    • Add : StateBehaviourの順でUpdate時に呼ばれるOnStateUpdateコールバック追加。
    • Add : StateBehaviourの順でLateUpdate時に呼ばれるOnStateLateUpdateコールバック追加。
    • Add : InputSlotUnityObject、OutputSlotUnityObject追加。
    • Add : FlexibleComponent追加。
    • Add : CalculatorSlotやFlexibleCompomentで型を指定できるSlotTyeAttribute追加。
    • Add : ComponentParameterReference追加。
    • Add : StateBehaviourとCalculatorの共通部分をまとめたNodeBehaviourクラス作成。
    • Add : NodeBehaviourのシリアライズ時の処理を記述するためのinterface、INodeBehaviourSerializationCallbackReceiverを追加。
    • Add : 各種Flexibleクラスにtypeとparameterプロパティ追加。
    • Change : 各種ノードのIDをNode.nodeIDに統一。
    • Change : ParameterクラスにToStringメソッド追加。
    • Change : CalculatorBranchにupdatedTime追加。
    • Change : InputSlotにisUsedとupdatedTime追加。
    • Change : Transitionメソッドでの遷移タイミングの指定をTransitionTimingに変更。
    • Change : CalculatorSlot.positionをNonSerializedに変更。
    • Change : テンプレートにusing System.Collections.Generic;とAddComponentMenu(“”)を追加。
    • Fix : EachFieldで基本クラスのフィールドを参照していなかったので修正。

価格変更について

Arbor 2.2.0リリースにともない価格を$25.00に変更いたしました。

またArbor 1.xからのアップグレードにつきましても廃止となりましたので、今後アップグレードする場合でも標準価格がかかります。

アセットストア

更新手順

Arborをアップデートする際は以下の手順に従ってください。

    1. 更新前に必ずプロジェクトのバックアップを取ってください。
    2. 既存のシーンを開いている場合は、メニューの「File / New Scene」からシーンを新規作成しておきます。
    3. 既にインポートされているArborフォルダを削除。
    4. Arborの新バージョンをインポート。

Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads