Arbor 3.9.0 リリース


アセットストア

既知の問題

Unity不具合

Unity 2022.1以降、Arbor Editorの言語を日本語にすると例外が発生する

Unity側が修正されるまで、言語設定は英語にしてください。

Unityへバグレポート済み。

更新内容

追加

Arbor Editor

  • Arbor EditorウィンドウをUIElementsに対応。
    (ノード用スクリプトのカスタムエディタにおいて、CreateInspectorGUI()メソッドを実装するとUIElements対応エディタを実装できます)
  • ノードのブレークポイントで停止した際に、対象のノードをArbor Editorで開く機能を追加。
    (ArborEditorウィンドウの設定メニューを開き、「ブレークポイント時にノードを開く」をオンにすることで有効化)
  • 挙動のタイトルバーの設定メニューに「スクリプトを強調表示」を追加。
  • 挙動のタイトルバーの設定メニューに「Editorスクリプトを強調表示」を追加。

Hierarchy

  • HierarchyのGameObjectにArbor関連コンポーネントアイコンを表示する機能を追加。
    (ArborEditorウィンドウの設定メニューを開き、「Hierarchyにアイコン表示」をオンにすることで有効化)

ObjectPool

  • プールに格納されたオブジェクトのライフタイム設定を追加。

Behaviour Tree

  • 複数のDecoratorの判定結果を論理演算する機能を追加。

組み込みComponent

組み込みStateBehaviour

組み込みActionBehaviour

組み込みDecorator

組み込みCalculator

組み込みスクリプト

スクリプト

Examples

  • AgentControllerのOffMeshLink通過設定の例として、19(OffMeshLink)追加。
  • ObjectPoolの例として、20(ObjectPool)追加。

変更

Arbor Editor

  • 全ノードタイプのノード名変更に対応。
  • 演算ノードに挙動のタイトルバーを表示するように変更。

Behaviour Tree

  • Decoratorのカスタムエディタを実装していても、AbortFlagsフィールドや論理演算フィールドを自動表示するように変更。
  • ActionBehaviour.OnExecuteのデフォルト挙動を「失敗を返す」から「なにもしない」に変更。

ObjectPool

  • グラフがプールされたときに停止するように変更。
  • グラフがプールから復帰したときにplayOnStartがtrueなら再生開始するように変更。
  • RigidbodyがプールされたときにSleepするように変更。
  • Rigidbodyがプールから復帰したときにWakeUpするように変更。
  • Rigidbody2DがプールされたときにSleepするように変更。
  • Rigidbody2Dがプールから復帰したときにWakeUpするように変更。

組み込みComponent

  • AgentControllerのAddComponentメニューを「Arbor > Navigation > AgentController」に変更。
  • WaypointのAddComponentメニューを「Arbor > Navigation > Waypoint」に変更。
  • AgentControllerをMovingEntityクラスから派生するように変更。
  • AgentController.FollowをMoveToに改名

組み込みStateBehaviour

組み込みDecorator

  • TimeLimitにAbortFlags.LowerPriorityを設定しても割り込まないように変更。

Parameter Container

  • パラメータの追加メニューをAddComponentメニュー形式に変更。

Unity対応

  • Unity最低動作バージョンをUnity 2019.4.0f1に引き上げ。
  • Unity2022.2.0b2対応。

Examples

  • 名前空間を「Arbor.Examples」に統一。
  • AddComponentメニューのグループを「Arbor > Examples」に統一。
  • 挙動追加メニューのグループを「Examples」に統一。

改善

データフロー

  • enum型のボックス化を改善
    (enum型のボックス化を最小限に抑えるには、ValueMediator.RegisterEnum<T>()で対象の型を登録してください)

組み込みComponent

組み込みスクリプト

  • SetParameterのボックス化を改善
  • Unity UIパッケージを削除した場合に、関連するスクリプトを無効にするように対応。
  • Active Input Handlingを「Input System Package (New)」にした場合に、関連するスクリプトを無効にするように対応。

アップデートガイド

更新手順

Arborをアップデートする際は以下の手順に従ってください。

  1. 更新前に必ずプロジェクトのバックアップを取ってください。
  2. 既存のシーンを開いている場合は、メニューの「File / New Scene」からシーンを新規作成しておきます。
  3. Arbor Editorウィンドウを開いている場合は一旦閉じておきます。
  4. 既にインポートされているArborフォルダを削除。
  5. Arborの新バージョンをインポート。

各バージョン更新ガイド

Arborの各バージョン別の更新ガイドは以下ページを参照してください。

マニュアル:アップデートガイド

Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads