データスロットのカスタマイズ


ここでは、自作クラスのデータスロットを作成する方法を説明します。

例として簡単なプレイヤーデータの作成を通してデータをやり取りするまでの作り方を説明していきます。

PlayerDataスクリプトファイルの作成

スクリプトファイルを作成していきます。

  • Projectウィンドウの右クリックメニューから「Create > C# Script」を選択。
  • 今回は名前をPlayerDataとします。

PlayerData.csには以下のように記述します。

using UnityEngine;
using System.Collections;
using Arbor;

[System.Serializable]
public class PlayerData
{
	public int maxHP;
	public int hp;
}

[System.Serializable]
public class OutputSlotPlayerData : OutputSlot<PlayerData>
{
}

[System.Serializable]
public class InputSlotPlayerData : InputSlot<PlayerData>
{
}

コードの解説

PlayerDataクラスの作成

今回は単純に最大HPと現在HPを持ったクラスを作成しています。

OutputSlotPlayerDataクラスの作成

PlayerDataクラスを出力するためのクラスを作成しています。
すべての処理はOutputSlot<T>に用意されているため、特に中身は記述する必要はありません。
ジェネリッククラスがシリアライズできないというUnityの仕様を回避するために用意しています。

InputSlotPlayerDataクラスの作成

PlayerDataクラスを入力するためのクラスを作成しています。

こちらもInputSlot<T>に必要な処理が用意されているため、特に中身を記述する必要はありません。

Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads