ベータ版


ベータ版について

  • 試用目的以外でのご利用はできません。

ベータ版での制限

  1. DLL
    • コアの処理はDLL化しているため編集できません。
  2. 実行時の制限
    • ゲーム開始後2分経過で状態遷移が無効化。
    • ゲーム画面に「Arbor2 Trial」の表示。
    • (Unityエディタ上での実行は制限なくご利用いただけます)
  3. Arbor Editorウィンドウ
    • Open Asset Storeボタン表示。

アセットストア

製品版のご購入はこちらから!

ベータ版ダウンロード

“Beta 2.2.0b2” をダウンロード Arbor2.2.0b2.unitypackage – 14 回のダウンロード – 12 MB

Unityバージョン

5.3.0以降

リファレンス

Arborリファレンス

スクリプトリファレンス

フォーラム

ベータ版への質問や不具合報告などはBetaフォーラムへお願いします。

リリースノート

2.2.0b2

  • 組み込み挙動
    • Fix : Unity5.6以降でNavMeshAgent.Stop()が非推奨になっていたので修正。

2.2.0まとめ

  • Arbor Editor
    • Add : グループノード追加。
    • Add : 各種ノードごとのコメント追加。
    • Change : Editorのデザイン変更。
    • Change : ステートの名前入力欄をダブルクリックで表示するように変更。
    • Change : ステートリストを種類順にソートするように変更。
  • 組み込み挙動
    • Add : AgentStop追加。
    • Add : AnimatorCrossFade追加。
    • Add : AnimatorSetLayerWeight追加。
    • Add : BackToStartState追加。
    • Change : LookAtGameObjectにTarget transformの各座標成分を使用するかどうかのフラグ追加。
    • Change : Agent系にステートを抜けるときにAgentを止めるかどうかのフラグ追加。
    • Change : テンプレートにusing System.Collections.Generic;とAddComponentMenu(“”)を追加。
    • Change : ドキュメントのUITextFromParameterのformatに形式指定の参考URL追加。
  • コンポーネント
    • Add : AgentControllerにAnimator設定用の各種パラメータ追加。
  • Script
    • Add : Animatorの型ごとのパラメータ参照用クラス追加。
    • Change : 各種ノードのIDをNode.nodeIDに統一。
    • Change : ParameterクラスにToStringメソッド追加。
    • Change : CalculatorBranchにupdatedTime追加。
    • Change : InputSlotにisUsedとupdatedTime追加。